FC2ブログ
今日は昼から子守でうちに居ても暇なので
船外機のインマニポート研磨をして見ました。


DSC_0002_20111015173227.jpg


トーハツ4st2馬力だけなのかは分かりませんが
インマニの中には盛り上がった部分が一本奥までつながっています。



余り回転やパワーが上がらないように、こんなことをしてあるそうです。

インマニの中は渦を巻いてガソリンが流れていくそうだが
この部分のために乱気流が出てパワーダウンになるそうです。




これを削たからって早くなるわけではないのだが
とりあえずやってみました。






インマニの入り口はもちろんずっと中まで削り
指の入りにくい奥まできれいに段付を修正しました。




DSC_0004_20111015173226.jpg



DSC_0003_20111015173226.jpg
奥の中まできれいに削ってあります。



今回はめんどくさがらず(鏡面まで入ってないが)ペーパーでかなり磨きこみ
きれいになりました。





問題はこんなに削ってエンジン回るのかな?






作業終了し試しにエンジンをかけてみましたが
問題なくエンジンはかかりました。


DSC_0005_20111015173226.jpg





問題はこれでトルクが増えて8ピッチが、回りきれば
計画どうりなのですが・・・・・・・・・











関連記事

【2011/10/15 17:50】 | ゴムボート
トラックバック(0) |


ume
mabさん、コツコツとパワーUPしてますね~!

あんまり、やり杉ちゃうとスクリューがボートを

追い越しちゃいますよ~! (^_^.)


mab
回転リミッターが着いてるので
なにをやっても、そこそこまでにしかならないような感じです
(; ̄ー ̄A


ではなぜやるのか?




そこにエンジンがあるからです。


hide
はじめまして

トーハツ2馬力の事を調べてて辿り着きました

インマニの段修正をして速度的には効果はありましたか?
良かったら教えて頂けたらなと思いまして
宜しくお願いします「

Re: タイトルなし
mab
コメントに気が付きませんでした。申し訳ないです。

基本2馬力は回転数制限が入っていますので、これでスピードアップにはなりません。
当方はペラを6馬力用のものに変えておりましたので、多少は効果がありました。
ペラ加工は金属加工できる技術がないと交換部品作成ができないかと思います。
また、当方は途中でリブボートに乗りかえしたためボート自体の重さが重く(89kg)、2馬力では13km/hまででした。

ちなみに当方のボートでは14km/hを超えると、プレーン状態に入ります。
ですのでプレーンニングを超えるためのパワーが2馬力では無理でした。プレーンに入ればそんなにパワーはいらないのですが
プレーン出来なければ、2馬力も6馬力もトップスピードは変わりません。
6馬力でプレーン出来れば22km/hまでスピードが出ていました。
6馬力では条件がシビアすぎて、いつでも簡単にプレーン出来るものではありませんでしたので、
現在は15馬力を使用しております(海でトップスピード39km/h)

ちなみに当方と同じ仕様の2馬力でアルミパント11f、琵琶湖波なしでプレーンすれば21km/hまで出たとのことですが
当方は試しておりませんので正確な情報ではありません。
エンジンの高さをmm単位で調整して最適なペラの位置を調整するなど、一般的に使用できるものではないと思います。
普通に当方もメインジェット8種類ほどを状況に分けて変えたり、その時の状況に応じてキャブ調整したりと
レースカーのノリで毎回いじっていましたので、あまりお勧めできる仕様ではないと考えます。

しかし、ここまでやって分かる楽しさもあるのは事実ですので・・・
当方のように深みにはまると・・・・・・・・楽しいですよ。(^^♪


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
mabさん、コツコツとパワーUPしてますね~!

あんまり、やり杉ちゃうとスクリューがボートを

追い越しちゃいますよ~! (^_^.)
2011/10/15(Sat) 20:28 | URL  | ume #-[ 編集]
回転リミッターが着いてるので
なにをやっても、そこそこまでにしかならないような感じです
(; ̄ー ̄A


ではなぜやるのか?




そこにエンジンがあるからです。
2011/10/16(Sun) 11:13 | URL  | mab #SFo5/nok[ 編集]
はじめまして

トーハツ2馬力の事を調べてて辿り着きました

インマニの段修正をして速度的には効果はありましたか?
良かったら教えて頂けたらなと思いまして
宜しくお願いします「
2017/11/26(Sun) 21:29 | URL  | hide #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメントに気が付きませんでした。申し訳ないです。

基本2馬力は回転数制限が入っていますので、これでスピードアップにはなりません。
当方はペラを6馬力用のものに変えておりましたので、多少は効果がありました。
ペラ加工は金属加工できる技術がないと交換部品作成ができないかと思います。
また、当方は途中でリブボートに乗りかえしたためボート自体の重さが重く(89kg)、2馬力では13km/hまででした。

ちなみに当方のボートでは14km/hを超えると、プレーン状態に入ります。
ですのでプレーンニングを超えるためのパワーが2馬力では無理でした。プレーンに入ればそんなにパワーはいらないのですが
プレーン出来なければ、2馬力も6馬力もトップスピードは変わりません。
6馬力でプレーン出来れば22km/hまでスピードが出ていました。
6馬力では条件がシビアすぎて、いつでも簡単にプレーン出来るものではありませんでしたので、
現在は15馬力を使用しております(海でトップスピード39km/h)

ちなみに当方と同じ仕様の2馬力でアルミパント11f、琵琶湖波なしでプレーンすれば21km/hまで出たとのことですが
当方は試しておりませんので正確な情報ではありません。
エンジンの高さをmm単位で調整して最適なペラの位置を調整するなど、一般的に使用できるものではないと思います。
普通に当方もメインジェット8種類ほどを状況に分けて変えたり、その時の状況に応じてキャブ調整したりと
レースカーのノリで毎回いじっていましたので、あまりお勧めできる仕様ではないと考えます。

しかし、ここまでやって分かる楽しさもあるのは事実ですので・・・
当方のように深みにはまると・・・・・・・・楽しいですよ。(^^♪
2017/12/16(Sat) 18:23 | URL  | mab #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/01/01(Mon) 23:04 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック