上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日 うちのノートパソコンを直して見た

すでに10年前になるのかな?
富士通のBIBLO NB10A

搭載OS    Windows XP Home
CPU     Mobile celeron 1.06GHz
チップセット  intel 830MG
メモリー    256MB(東芝チップ)
システムバス  FSB133  
HDD     30GB (4200rpm・2Mキャッシュ)
CD-ROM CD-R/RW/DVD-ROM(マルチ)

てな感じでいかにもXP初期の感じです(T▽T;)


これを今まで
メモリー256MB 追加512MBで768MBへ
HDD30GをHDD120G(7200rpm)へ
アップしていたがいかんせん最近のインターネットエクスプローラー8が重くて
ネット見るのにもイライラするぐらい。
グーグルクロームかファイヤーフォックスあたりで見てもいいんだが・・・

そんなもんだから最近使うこともあまりなかったのだが
昨年、嫁さんがこのノートを落っことした!
あ!やった!新しいの買ってもらおうって思ったが
とりあえず動いた...(´З`)チェッ

しかしそのうちネット見てるとたん、電源が落ちたり
再起動繰り返したりで絶不調・・・・


困った時の町のパソコン屋さん
通称 加藤サイクル のあんかに聞いたところ
メモリとか全部はずして接点クリーナーして再度組み込むと直るかも
ってことでやってみたら・・・
CPU熱伝導グリスがばらばらにひび割れて外れてました。
落っことしたときに古くなったグリスがはがれていたようです。
そういえばよくファンが回っていたな・・・

まー、そんなこんなでノートパソコンは復活しましたが
マザーボードみてるときにCPUが取り外せるようになってました。
安いグレードでは外せないものが多い中珍しのかな?

あんかがちょっと検索するとCPUが
Mobile celeron 1.06GHz
から
Mobile celeron 1.33GHz
Mobile Pentium3-M 1.20GHz
へ変更することができると言うこと
どれくらい処理スピードが上るかは分からないが
なんだか面白そう。


ヤフオクで物色していると
Mobile Pentium3-M 1.333GHzへの換装も可能とのこと
なんだかMobile Pentium3の最終形態らしい
てなことでポチっとな。


そのCPUが今日届いた




fc2_2013-03-29_16-20-36-321.jpg



チップにコアカケなどありとか言っていたが、なんの問題もなし。
一個1000円でした。
さー、どうなるのかな?


今使ってるデスクトップぐらいサクサク動くようにとは言わないが
ネットぐらいストレスなしで見えるくらいにはならないかな・・・・

デスクトップは
Windows 7 64bit
CPU i7 クアッドコア, 3.40GHz
メモリ 16.0G
グラボ GTX560
HDD 1T×2
何をやってもストレスがありません。
こんなに楽してパソコンしてもいいのかな?って気になるくらい
買ってからあちこちいじくって設定し直してスタートアップ止めるとか
全くしてないが激速で立ち上がります。

かたや、ノートのほうは・・・・
比べるだけ虚しい・・


ちなみに
Mobile celeron 1.06GHz使用時でユーチューブ動画みると
CPU使用率100%だったものが
Mobile celeron 1.33GHz使用にして見ると
CPU使用率70~80%ぐらいになってコマ落ちが無くなるとのこと

ならMobile Pentium3-M 1.333GHzを使用すれば・・・
淡い期待だけが膨らんでます。








関連記事

【2013/03/29 17:31】 | 日々
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。